fortran90でファイルの存在を確かめる

fortran90です。
ファイルが存在するかしないかを確かめるためのプログラムです。
組み込み関数”access”を用いると簡単に確認できます。

program main
  implicit none
  integer::access
 
  write(6,*)access( "./temp.d", " ")
 
  stop
end program main

上の文は、もしもファイル “./temp.d” が今いるディレクトリに存在するかどうかを返すものです。

また、access関数はファイルの有無(引数は空白文字” “)のみならず、そのファイルの読み取り権限(引数は”r”)、書き込み権限(引数は”w”)、実行権限(引数は”x”)を調べることができます。

ゼロが返ってきたらその権限(ファイルの有無)があるということです。
実行例は

 $ ls
main.f90  temp.d
 $ gfortran main.f90
 $ ./a.out
           0
 $

となります。intel®fortranコンパイラでももちろんできます。


スポンサーリンク


ここより以下のものはaccess関数を用いない方法です。


ファイルをopenできたら存在する、errorが返ってきたら存在しない、と判断します。
そのプログラムとサブルーチンはこんな感じ。

program main
  implicit none
  integer::ox
 
  call checkfile("temp.d",ox)
 
  write(6,*)ox
 
  stop
end program main

subroutine checkfile(fname,ox)
  implicit none
  character(*),intent(in)::fname
  integer,intent(out)::ox
 
  open(100,file=trim(fname),status='old',err=999)
  close(100)
  write(6,'(3A)')"file '",fname,"' exist"
  ox=1
  return
 
999 continue
  close(100)
  write(6,'(3A)')"file '",fname,"' don't exist"
  ox=0

  return
end subroutine checkfile

”ox”は〇×のつもりで使っています。
ファイル名”temp.d”をinputパラメータとして渡し、そのファイルが存在したらox=1を、存在しなかったらox=0を返します。

実行例は、

 $ ls
   temp.d main.f90
 $ gfortran main.f90
 $ ./a.out
   file 'temp.d' exist
           1
 $ gfortran main.f90
 $ ./a.out
   file 'temp1.d' don't exist
           0

となります。2回目の実行ではtemp.dをtemp1.dに変えて存在しない場合を表示しています。

スポンサーリンク

参考
ファイルの有無を調べる -知識の箱


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です