latexで数式全体を小さくする

数式が長すぎてはみ出してしまう時の対処法

数式全体を小さくするには、数式を挟むように
\footnotesize
\normalsize
と書けばいいです。

\footnotesize
\begin{align}
g(x)=\sum_n c_n f_n(x)
\end{align
}
\normalsize
実例

通常だと

\begin{align}
g(x)=\sum_n c_n f_n(x)
\end{align
}

\footnotesize,\normalsizeで挟むと、

\footnotesize
\begin{align}
g(x)=\sum_n c_n f_n(x)
\end{align
}
\normalsize

\tiny,\normalsizeで挟むと、

\tiny
\begin{align}
g(x)=\sum_n c_n f_n(x)
\end{align
}
\normalsize

となります。

上から順に通常、footnotesize、tinyで挟んだ時を出力すると以下のようになります。
minifyequation_c

参考文献
Reducing font in equation -latex-community


「latexで数式全体を小さくする」への2件のフィードバック

  1. 3つ目のコードは

    \footnotesize
    \begin{align}
    g(x)=\sum_n c_n f_n(x)
    \end{align}
    \normalsize

    ではなく

    \tiny
    \begin{align}
    g(x)=\sum_n c_n f_n(x)
    \end{align}
    \normalsize

    では?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です