LinuxMint導入時にやること

とはいってもVMwarePlayerを使った環境を想定しています。

環境は
LinuxMint 17.1 Quina

  • アップデート
  • sudo apt-get update
    sudo apt-get dist-upgrade
  • VMware tools
  • ※導入されているかの確認は ($ service vmware-tools status で動いていたらvmware-tools start/running という文字列が出ます。)
    20160123-151006_c
    を押してからの手順となります。

    sudo su
        パスワード入力
    mkdir /mnt/cdrom
    mount /dev/cdrom /mnt/cdrom
            mount:ブロックデバイス /dev/sr0 は書き込み禁止です、読み込み専用でマウントします. という文が出てくる。
    cd /tmp
    rm -rf vmware-tools-distrib
    tar zxpf /mnt/cdrom/VMwareTools-9.6.2-1688356.tar.gz
        /mnt/cdrom/VMw くらいまで打ってTabキーで補完してください。もしかしたらバージョンが上のではないかもしれない。(2014/12/28 確認)
    cd vmware-tools-distrib
    ./vmware-install.pl
  • emacs24
  • sudo apt-get install emacs24

    ホームディレクトリに『.emacs』という名前のファイルを作り、以下を記述する。

    (custom-set-variables
     ;; custom-set-variables was added by Custom.
     ;; If you edit it by hand, you could mess it up, so be careful.
     ;; Your init file should contain only one such instance.
     ;; If there is more than one, they won't work right.
     ;;'(font-lock-maximum-size 512000)
     '(font-use-system-font t)
     '(inhibit-startup-screen t)
    )
    (add-to-list 'default-frame-alist
                           '(font . "DejaVu Sans Mono-12"))

    (custom-set-faces
     ;; custom-set-faces was added by Custom.
     ;; If you edit it by hand, you could mess it up, so be careful.
     ;; Your init file should contain only one such instance.
     ;; If there is more than one, they won't work right.
     )
  • 日本語環境
  • ibus+Anthy
    Software Manager(日本語だったら “ソフトウェアの管理” )

    “ibus”と”ibus-anthy”を検索してそれらをインストール

    再起動したのち、右下のところにのキーボードのアイコンがあるのでそれをクリック、日本語-Anthy を選択すれば日本語入力ができる。

  • Linuxのディレクトリ名を英語に変更
  • LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
  • htop
  • sudo apt-get install htop
  • gnuplot
  • sudo apt-get install gnuplot

    ホームディレクトリに初期設定用のファイル『.gnuplot』を作り、以下を記述する。

    set terminal wxt noraise
    set palette defined(0"#ffffff",0.8"#00008b",1.8"#2ca9e1",3"#008000",4.2"#ffff00",5"#eb6101",5.5"#8b0000")
  • gfortran
  • sudo apt-get install gfortran
  • ファイルオープン数の変更とスタックサイズの変更(あまり推奨はされてません。)
  • sudo emacs /etc/security/limits.conf

    で、

        <domain>        <type>      <item>      <value>
        sikino         soft    stack          131072
        sikino         hard    stack          131072
        sikino         soft    nofile         16384
        sikino         hard    nofile         16384

    ※sikinoは僕のユーザー名であり、あなた自身のユーザー名にそれぞれ変更してください。

  • imagemagick(convertコマンドとか使えるようにするあれ)
  • sudo apt-get install imagemagick

    (http://blog.mirakui.com/entry/20110123/1295795409)

  • exfat形式の認識
  • →VMwareの場合、|Player(P)▼|から、管理→仮想マシンの設定を選択、
    USBコントローラ 
    接続| USBの互換性 [USB3.0 ▼] に変更
    が良かったのか、もしくは

    sudo apt-get install subversion scons libfuse-dev gcc
    cd ~
    svn co http://exfat.googlecode.com/svn/trunk/ exfat-read-only
    cd exfat-read-only
    scons
    sudo scons install
    cd ..
    rm -rf exfat-read-only

    が良かったのか…
    多分前者だけでいい気がしますが、よく分かりません。
    どちらか、もしくは両方行えば認識してくれます。
    Mount ExFAT filesystems under Linux Mint / Ubuntu

  • ffmpeg
  • ※アップデートは割と早いです。以下のコマンドがいつまで使えるかは分かりません(以下のは2014/12/28確認したものです)。
    ここのサイト(Compile FFmpeg on Ubuntu, Debian, or Mint)を見て、更新されていればそちらを使ってください。

    sudo apt-get update
    sudo apt-get -y install autoconf automake build-essential libass-dev libfreetype6-dev libgpac-dev \
      libsdl1.2-dev libtheora-dev libtool libva-dev libvdpau-dev libvorbis-dev libx11-dev \
      libxext-dev libxfixes-dev pkg-config texi2html zlib1g-dev
    mkdir ~/ffmpeg_sources
    sudo apt-get install yasm
    sudo apt-get install libx264-dev
    sudo apt-get install unzip
    cd ~/ffmpeg_sources
    wget -O fdk-aac.zip https://github.com/mstorsjo/fdk-aac/zipball/master
    unzip fdk-aac.zip
    cd mstorsjo-fdk-aac*
    autoreconf -fiv
    ./configure --prefix="$HOME/ffmpeg_build" --disable-shared
    make
    make install
    make distclean
    sudo apt-get install libmp3lame-dev
    sudo apt-get install libopus-dev
    cd ~/ffmpeg_sources
    wget http://webm.googlecode.com/files/libvpx-v1.3.0.tar.bz2
    tar xjvf libvpx-v1.3.0.tar.bz2
    cd libvpx-v1.3.0
    PATH="$HOME/bin:$PATH" ./configure --prefix="$HOME/ffmpeg_build" --disable-examples
    PATH="$HOME/bin:$PATH" make
    make install
    make clean
    cd ~/ffmpeg_sources
    wget http://ffmpeg.org/releases/ffmpeg-snapshot.tar.bz2
    tar xjvf ffmpeg-snapshot.tar.bz2
    cd ffmpeg
    PATH="$HOME/bin:$PATH" PKG_CONFIG_PATH="$HOME/ffmpeg_build/lib/pkgconfig" ./configure \
      --prefix="$HOME/ffmpeg_build" \
      --extra-cflags="-I$HOME/ffmpeg_build/include" \
      --extra-ldflags="-L$HOME/ffmpeg_build/lib" \
      --bindir="$HOME/bin" \
      --enable-gpl \
      --enable-libass \
      --enable-libfdk-aac \
      --enable-libfreetype \
      --enable-libmp3lame \
      --enable-libopus \
      --enable-libtheora \
      --enable-libvorbis \
      --enable-libvpx \
      --enable-libx264 \
      --enable-nonfree \
      --enable-x11grab
    PATH="$HOME/bin:$PATH" make
    make install
    make distclean
    hash -r
  • FireFoxにFlashを導入する
  • Flash プラグインをインストールする

    1. Adobe.com の Flash Player ダウンロードページ を開く
    2. install_flash_player_(バージョン)_linux.(プロセッサ).tar.gz ファイルを保存する
    3.   ( 2014/12/28時点では64bitコンピュータの場合、install_flash_player_11_linux.x86_64.tar.gz という名前でした。)

    4. ファイルをダウンロードしたディレクトリへ移動します (例: cd /home/user/Downloads)
    5. ダウンロードしたファイルをtarコマンドで解凍
    6. libflashplayer.so ファイルが出てくる。

      tar -zxvf install_flash_player_(バー ジョン)_linux.(プロセッサ).tar.gz
    7. スーパーユーザ 権限で、抽出した libflashplayer.so ファイルを Firefox をインストールしたディレクトリ内の plugins サブディレクトリにコピーしてください。
    8. 例えば、Firefox が /usr/lib/mozilla にインストールされている場合は、

      sudo cp libflashplayer.so /usr/lib/mozilla/plugins

      コマンドを実行し、スーパーユーザのパスワードを入力します。(LinuxMint17.1,Rebecca,cinnamonで特に変更していない場合、デフォルトでは上の場所に置けばいいです。)

    終わったら、firefoxを再起動してください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です