latexコマンド



alignの省略はできない!?


\newcommandによる省略はできません。
LATEX community, newcommand with \end{align*}
によると一応できます。しかし、推奨はされてません。
そのやり方は、

\makeatletter
\newenvironment{ma}
  {\start@align\@ne\st@rredtrue\m@ne}
  {\endalign}
\makeatothe

をlatexのプリアンブルに記述し、

\begin{ma}
  a &=b\\
  &=c
\end{ma}

とすれば、確かに省略はできます。ただし、\beginは書かなくてはならないので、若干省略とは違う感じです。

figure環境について


figure環境テンプレ


プリアンブルに記述すること

\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}
    %画像挿入のために必要なパッケージ
\setlength \abovecaptionskip{-5pt}
    %図とキャプションの間を狭める
\graphicspath{{./fig/}{./fig/abc/}}
    %パス(.tex以外の場所の画像を参照したい時)

figure環境内に記述すること

\begin{figure}
    \centering
    \includegraphics[width=\hsize]{data.eps}
    \label{data1234}
    \renewcommand{\baselinestretch}{1}
    \caption{この図は(-ω-;)を表す。}
\end{figure}

別のフォルダにある画像を参照する


dir/
├ test.tex
├ test.aux
├ test.dvi
├ …
data.eps
fig/
      ├ data2.eps
      └ abc/
            └ rrr.eps
通常のままでは.texと同じ階層に画像ファイルを置いておかなくては参照されません。
すなわち上の構造である場合、参照されるのはdata.epsのみであり、data2.eps,rrr.epsは参照されません。
参照されるようにするためにはlatexのプリアンブルに
\graphicspath{{./fig/}{./fig/abc/}}
と記述します。そのうえで
\includegraphics[width=\hsize]{data2.eps}
と書くと参照されるようになります。

図とキャプションの間を調節する


図とキャプションの間は通常
+—fig通常—+
位の広さを持ちます。この図とキャプションの間を狭くするためにはプリアンブルに
\setlength \abovecaptionskip{-5pt}
と記述します。ここでは-5ptとしていますが、各々調節して最適な値を探してください。
+—fig(狭くした例)—+

図のキャプションの間隔を狭くする


通常の図は、キャプションの間隔が広いと感じます。
+—fig—+
これの調節は、figure環境の中に
\renewcommand{\baselinestretch}{1}
という言葉を入れましょう。{1}は行間の倍率を表すそうです。行間の調整より。
+—fig—+


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です